THESPIKE.GG Valorant Event & News Coverage

FnaticがBraveAFの一時停止処分を発表し、Fearothをローン契約で獲得

Written By    tmg_valorant  -  share on

Fnaticは、Andrew "braveaf" Gorchakovについて、VALORANTロスターからの一時停止処分を発表しました。

BraveAFは、現在進行中のロシアとウクライナの紛争に関連する物議を醸すような発言をしていることがTwitterで明らかにされていました。その結果、Fnaticは内部調査を開始し、その間はBraveAFがチームから謹慎することになったと発表しています。

BraveAFは自身のTwitterアカウントで、会話のスクリーンショットは2月24日に行われたBraveAFとウクライナ人女性とのものであり、紛争状況に対する彼の第一印象であると弁明しています。

このニュースは、4月10日に始まるVCT 2022 - Stage 1 - Masters Reykjavíkの開幕まで2週間を切った時点で発表されました。

Fnaticはその後の続報で、BraveAFに代わりAllianceに所属していたEnzo "Enzo" Mestariとローン契約を結んだことを発表しています。Fearothは昨年1月にAllianceに加入し、国際大会には出場できなかったものの、チームのキャプテンとしてチームを率いました。主にソーヴァをプレイするプレイヤーで、Fnaticでのロールがどうなるのか、注目を集めています。

FnaticのVCT 2022 - Stage 1 - Masters Reykjavíkに向けたロスターは以下の通りです。

Jake "Boaster" Howlett James "Mistic" Orfila Martin  "MAGNUM" Penkov Nikita "Derke" Sirmitev Enzo "Enzo" Mestari

Add Comment

You must be logged in to be able to post comments.

Login – OR – Register