THESPIKE.GG Valorant Event & News Coverage

VCT 2022 Stage 1 Masters 現在までのマップごとのスタッツ: フラクチャーが攻撃有利、ブリーズが防衛有利

Written By    tmg_valorant  -  share on

VCT 2022 - Stage 1 - Masters Reykjavíkでは日本代表ZETA DIVISIONがベスト4以上を確定させる快進撃を見せています。次戦は4月23日を予定していますが、ここで、これまでのMastersにおけるマップに関するスタッツを見てみましょう。

プレイ回数

(ピック回数=マップ名の横にある数字)

  • Ascent 10
  • Icebox 10
  • Split 9
  • Haven 7
  • Fracture 6
  • Bind 4
  • Breeze 2

Ascent、Icebox、Splitが最も頻繁にピックされており、対照的にBreezeとBindはそれぞれ2回、4回だけとなっています。

日本代表のZETA DIVISIONはAscentをDRX VSとの1戦したのみで、Breezeに関しては1度も戦っていません。一方でFractureでは勝率100%、Iceboxでは勝率75%と高い勝率を誇ります。

ATK/DEF勝率

(左からマップ名、ATK勝率、DEF勝率)

  • Ascent | 49.15% | 50.85%
  • Icebox | 48.39% | 51.61%
  • Split | 55.56% | 44.44%
  • Haven | 47.01% | 52.99%
  • Fracture | 58.46% | 41.54%
  • Bind | 48.78% | 51.22%
  • Breeze | 44.44% | 55.56%

FractureとSplitがどちらも攻撃側有利のマップとなっていますが、全体的には防衛側有利なマップが多い傾向となっています。特にBreezeやHavenでは防衛側が勝ちやすい傾向にあるようです。

日本代表のZETA DIVISIONは攻撃側ではSplitが54%と最も勝率が高く、Bindでは27%と最も勝率が低くなっています。一方防衛側では、Fractureが68%と高い勝率を保っており、Havenでは13%と9割近くのラウンドを失っています。

最も頻繁にピックされている構成

Ascent

  • 10/20回:オーメン ソーヴァ ジェット キルジョイ KAY/O
  • 採用している代表的なチーム:LOUD, OpTic Gaming

Icebox

  • 5/20回:セージ ヴァイパー ソーヴァ ジェット チェンバー
  • 採用している代表的なチーム:ZETA DIVISION, LOUD

Split

  • 4/18回:セージ レイズ オーメン サイファー ジェット
  • 採用している代表的なチーム:Paper Rex, Ninjas in Pyjamas

Haven

  • 3/14回:ブリーチ オーメン ソーヴァ ジェット キルジョイ
  • 採用している代表的なチーム:DRX VS, LOUD

Fracture

  • 3/12回:ブリーチ レイズ ヴァイパー アストラ チェンバー
  • 採用している代表的なチーム:ZETA DIVISION

Bind

  • 2/8回:セージ レイズ ヴァイパー スカイ アストラ
  • 採用している代表的なチーム:ZETA DIVISION, DRX VS

Breeze

  • 3/4回:ヴァイパー ソーヴァ ジェット KAY/O チェンバー
  • 採用している代表的なチーム:LOUD, G2 Esports, Ninjas in Pyjamas

AscentやBreezeではエージェント構成が固定化している一方で、SplitやHaven、Fractureなどのマップでは比較的バラツキが大きいようです。

ただし、Iceboxでのソーヴァ、セージ、ヴァイパー、Fractureでのブリーチ、Bindでのスカイとレイズなどは100%近いピック率となっており、事実上の必須ピックエージェントとなっています。

Add Comment

You must be logged in to be able to post comments.

Login – OR – Register