THESPIKE.GG Valorant Event & News Coverage

VCT 2022 Stage 1 Masters 現在までのトップエージェントランキング: ピックレート1位はジェット、単独最下位のエージェントは0パーセント

Written By    tmg_valorant  -  share on

VCT 2022 - Stage 1 - Masters Reykjavíkでは日本代表ZETA DIVISIONがベスト4以上を確定させる快進撃を見せています。次戦は4月23日を予定していますが、ここで、これまでのMastersにおけるエージェントのスタッツを見てみましょう。

ピックレート

  • Jett 67.7%
  • Sova 50%
  • Sage 45.8%
  • Viper 43.8%
  • Chamber 41.7%
  • Omen 40.6%
  • Reyna 4.2%
  • Skye 31.3%
  • KAY/O 31.3%
  • Breach 31.3%
  • Raze 27.1%
  • Killjoy 27.1%
  • Astra 21.9%
  • Yoru 2.1%
  • Cypher 13.5%
  • Brimstone 13.5%
  • Neon 7.3%
  • Phoenix 0%

不動の1位には強力なデュエリストであるジェットが位置しています。その他にもソーヴァ、セージ、ヴァイパーといったマップによっては必須級のエージェントが高いピック率となっています。対照的にそういったマップの少ないブリムストーンやネオンが低いピック率となっています。フェニックスは0%のピック率で単独最下位に輝きました。

勝率

  • Neon 71.4%
  • Chamber 62.5%
  • Raze 57.7%
  • Cypher 53.9%
  • Astra 52.4%
  • Omen 51.3%
  • Reyna 50%
  • Sova 50%
  • Yoru 50%
  • Skye 50%
  • KAY/O 50%
  • Jett 47.7%
  • Viper 47.6%
  • Breach 46.7%
  • Sage 45.5%
  • Brimstone 38.5%
  • Killjoy 38.5%
  • Phoenix N/A

最も勝率の高いエージェントはネオンとなりました。ネオンは本大会では今のところ7マップしか用いられていませんが、OpTic GamingVictor "Victor" Wong選手がSplit、Haven、Fractureで、Team LiquidDom "soulcas" Sulcas選手がFractureでピックしてそれぞれ高い勝率を誇ったため、この順位となりました。一方で2位となったチェンバーは40マップでピックされたにも関わらず高い勝率を誇ります。キルジョイ、ブリムストーンはそれぞれ26マップ、13マップピックされましたが、勝率が40%を切る結果となりました。

Add Comment

You must be logged in to be able to post comments.

Login – OR – Register